WebCADプラットフォーム

従来、2D図面または3Dモデルはスタンドアロンの専用ソフトで編集・閲覧されることが主流でしたが、近年はより複数のステークホルダー間での図面・モデル共有の機会が増えています。

一方、関係者全員のパソコンに専用ソフトのインストールする手間は非常に大きなものです。
遠隔の人と図面やモデルを共有し相互編集したいという要求は近年ますます高まってきています。
ところが、異なるCADプラットフォームを使っていたり、CADデータ容量の肥大化がネックとなりデータ授受だけでも相応の労力を強いられるのが現実です。

WebCADはインターネットに接続できる環境さえあれば誰もがサービスを利用することができます。
さらに、クラウド上に3Dモデリング・作図・構造計算・コンフィグレーション・見積作成といった機能により、場所を選ばずスピーディーな見積と図面提供を実現することで、契約成約率の向上を達成します。

建物の仕様情報から見積書、図面、3Dモデルを自動生成
CAD図面と帳票と計算プログラムの連動
BIMモデルと建物情報の重ね合わせ

特徴

  • 多くのお客様での利用実績あり
  • お客様のニーズに応じたカスタマイズが可能
  • BIMモデル(IFC)やCADモデル(DXF)をWebブラウザ環境で表示することが可能
  • ご利用するPCに特別なソフトウェア等のインストール不要
  • 設計や積算ルールを組み込むことで、様々な業務に適応したシステムを実現
  • 業務の承認フローを設定することが可能
  • 製品情報を一元管理することで、常に最新環境でのシステム利用が可能

開発事例

Web版見積支援システム

商品の仕様選定、図面作成、見積作成と3DビューイングがWeb上で可能営業担当者が出先でも資料作成出来るため、営業効率が向上また完成イメージをWeb3Dで共有できるので、コミュニケーションギャップが解消 お客様の課題・お悩 […]

詳細はこちら

建設DXの資料をダウンロードする

  • 建設DXの推進
  • 建設のプロセス毎の事例紹介
  • プレイヤーをつなぐ事例
  • BIMモデルの活用事例