建設DXで目指す未来

建設は私たちの生活を支える産業であり多くの方が携わっています。

その建設業界は技能者の大量離職、長時間労働の常態化など解決すべき様々な課題を抱えています。
さらに、SDGsへの対応や、2024年4月に控えた「働き方改革関連法」の適用など社会からの業務改革要求は強くなる一方です。これらを解決する手段としてデジタル技術に対する期待はますます高まっています。

私たち構造計画研究所は、エンジニアリング・コンサルティングとシステム開発を軸に建設業の課題解決を図ることで、建設業に関わる方だけでなく建物を利用する人や社会を豊かにすることを目指しています。

「人」「プロセス」をつなぐ

社内のデジタル化をどれだけ進めてもその効果は効率化・省力化の域を超えず、真の建設DXを実現することはできないと考えます。
建設に関係するあらゆるステークホルダーとの価値創出の仕組み
づくりと、それを将来にわたって活用できることが重要です。

BIMを基盤として、様々なデジタル技術を組み合わせることで建設DXを推進し、安全・安心・快適な持続可能社会の実現を目指しています。

ビジネスプラットフォームとしてのBIM

建設DXを実現するためには、部門や企業の垣根を越えてデジタルデータを共通的に扱うことができるプラットフォームが必要です。
そのプラットフォームの役割を果たす基盤がBIMであり、BIMのモデルや情報を如何に活用するかが重要です。
BIMをデジタルプラットフォームの基盤として他の要素技術と連携し、
関連する企業、人、プロセス間をつなげることで建設DXを実現します。

建設DXを実現するための技術

情報をデジタル化する

建設に関するあらゆる書類や図面を利用可能なデジタル情報として整備することで、データ活用の基盤を整えます。

プロセスをデジタル化する

従来の業務プロセスにデジタル技術を適用することで、生産性の向上を実現するとともに、DX実現に向けたサブシステムを構築します。

デジタルでプロセスを変革する

「人」や「プロセス」をつなぐことでエコシステムを実現し、業務効率化だけでなく新たな価値創出を実現します。

BIMサービス

コンサルティングからシステム開発までのトータルサービスをご提供します

詳細はこちら
データ分析・AI

建設業で蓄積されたデータを活用することでAIによる設計支援や新たな価値創出を支援します

詳細はこちら
シミュレーション

BIMと組み合わることによる設計の高度化や、多目的最適化による経済的な建物設計を目指します

詳細はこちら
WebCAD

場所を選ばないスピーディーな見積と図面提供を実現し営業成果の向上を達成します

詳細はこちら
運用・維持保全(Operation & Maintenance)

デジタル技術を活用し、竣工後の建物価値の向上に寄与するソリューションを提供します

詳細はこちら

構造計画研究所が選ばれる理由

REASON 01

建設業界での豊富な実績

1956年に構造設計事務所としてスタートした当社は、長年、建設業界のお客様に多数の実績があります。ゼネコン、ハウスメーカー、建材メーカーをはじめ、建設業のあらゆるお客様と一緒に仕事をしてきた経験から、ニーズを捉えたシステム提案が可能です。

REASON 02

一貫した高付加価値サービス

お客様が抱える課題の解決や目指す姿の実現に向けて、工学的な知見に基づくコンサルティングからシステム提供、アフターサービスまで一貫して付加価値の高いサービスをご提供します。

REASON 03

多彩な専門性のエンジニア

建築・土木、インフラ、情報通信、社会システムなど幅広い技術・知見から課題を多角的にとらえ、複数のアプローチでお客様にとって最善の解決策をご提案します。