部材の拾い出し・数量把握や壁・部屋の認識を半自動化することで
設計・見積り業務を効率化を実現

お客様の課題・お悩み

  • 紙やPDFファイルの設計図面から、部材の位置や数量の把握に膨大な時間と手間が発生している
  • 手作業のためヒューマンエラーの可能性を含んでいる

深層学習を用いた画像認識について

システムの特徴

  • dwgやpdfといった様々なファイルフォーマットに対応可能
  • 教師データを学習させることで、図面記号・部屋の用途や面積を認識
  • CADや見積システムとの連携による業務効率化
  • 特徴量を用いた類似間取り図検索と図面認識・部材の数量把握を自動化

  • 寸法線領域や壁領域、外壁、内壁、文字領域、建具領域等を深層学習による領域分割で抽出
  • 寸法線領域や壁領域、外壁、内壁、文字領域、建具領域等を深層学習による領域分割で抽出
  • ルールベースによる画像認識、文字認識を併用することにより窓、扉、引き戸、階段などの建具を抽出

建物図面から取得可能な情報

No.検出対象対象図面難易度備考
No.1柱(種類・位置)意匠図/構造図
(平面)
低~中数種類は区別可能
No.2意匠図(平面)中~高間取りの前処理で使用
No.3寸法値・通り芯意匠図/構造図
(平面)
低~中
No.4部屋形状(+名称)意匠図(平面)中~高形状、面積、室用途
No.5部屋名・機器名意匠図(平面)低~中文字を主体(個数がメイン)
No.6建物・寸法線領域意匠図(平面)低~中形状や面積を取得可能
No.7建具意匠図(平面)中~高窓、階段、ドア等
No.8設備・什器意匠図(平面)エレベーター,トイレ等
No.9動線探索(距離)意匠図(平面)間取り、機器等の認識ができていることが前提
No.10間取り/ゾーン意匠図(平面)部屋形状等の認識ができていることが前提

建設DXの資料をダウンロードする

  • 建設DXの推進
  • 建設のプロセス毎の事例紹介
  • プレイヤーをつなぐ事例
  • BIMモデルの活用事例